梅雨に革靴は大丈夫? 雨に強い靴やケアの方法は?

働く男性のとって、これ以上うっとうしいものはないであろう季節、梅雨。

 

不快指数が高く、湿気と汗でスーツはベタベタ、ビショビショ。考えるだけで嫌になってきますね。

 

スーツもそうですが、キツイのは靴。この時期のビジネスシューズは、本当に悩ましいものです。

梅雨どきに革靴を履いても、大丈夫なものなんでしょうか?

 

革靴は、基本的に雨に弱い

 

自然素材の革は、基本的には雨や水に弱いです。革は、水を吸うとどうしても痛みが早くなってしまいます。

 

なので、梅雨どきにはいい革の靴ではなく、合皮や人工革の靴を履いたほうが本来は望ましいものです。

 

とはいえ、合皮の靴が嫌だっていうオシャレさんもいることでしょうし、雨でも足元をしっかり固めないといけない、という方もいるでしょう。

そういう場合は、せめて、雨の日は皮底の靴は避け、ゴム底の靴を履きましょう。

 

靴の上部分は、防水スプレーをかけることで多少は雨に強くもなりますが、底の部分だけはどうしようもなく、水を吸って早く傷んでしまいます。

基本的に、皮底の靴はゴム底の靴よりも高価である場合がほとんど。修理や張り替えの場合でも、ゴム底よりも高価になってしまいます。

 

せっかくの上等な靴を、早くダメにしたくはないですよね。

 

最近の革靴は、ゴム底でも一見すると皮底に見えるようなスタイリッシュなものが多くなっています。

逆に言うと、買うときにぱっと見ではゴム底か皮底かわかりづらかったりもしますので、この辺はショップの店員さんに聞いてみることをお勧めします。

 

通気性の良い革靴も

 

また、靴の中に湿気がこもると水虫の原因になります。

雨の多い日本ならではの悩みですが、日本の靴メーカーは、こぞって通気性に優れた革靴を作ってくれています。

こういう靴も、梅雨どきにはよいでしょうね。

ただし、中には底の部分にメッシュが貼ってあったりする靴もあります。このタイプの靴は、水が靴の中に入りやすく、雨の日には向きませんので、注意が必要です。

 

それでも、濡れてしまった場合は・・・

 

とはいえ、急な雨や夕立ち、雷雨というのも夏にはつきもの。

もし、天然革(特に、革底)の靴が濡れてしまった場合、しっかりケアすることで痛みを軽減することができます。

 

そこで、百貨店の靴屋さんにケアの方法を聞いてみました。

 

革靴のケアと聞いて、まず思い浮かぶのはシュークリームを塗ることだと思います。

 

でも、大切なのは、まず乾かすこと

特に革底の靴の場合、普通に置くのではなく、底が見えるように横にして置いて乾かすのが良いそうです。

 

しっかり乾いたら、そこではじめてクリームを塗って革に栄養を与えるのが良いそうです。

 

クリームにもいろいろな種類がありますが、革底専用のクリームもあるそう。

 

通常のクリームとの違いは、艶出しの成分が入っていないこと。

艶出し成分入りの通常のクリームで革底のお手入れをすることももちろん可能なんですが、艶出し成分がはいっているためか、靴が滑りやすくなるので、できれば革底は革底専用のクリームを使うのがベターなんだそうです。

 

クリームを塗った後はシューキーパーを入れて保管。シューキーパーは、プラスチックのものではなく、木のもののほうが靴の湿気を程よく吸ってくれるため、望ましいようですね。

 

梅雨をうまく乗り切り、大切な靴は長く使いたいものです。

スポンサードリンク

コメントを残す