バリウムの味はまずい? 味の種類は? 飲み方にコツなどはあるの?

一定以上の年齢の人にとっては、健康診断は憂鬱なものです。

その原因の一つが、バリウム。

38c40d69a83fe418ad32201c37b7346b

バリウムを飲んだことのない人にも、「バリウム=不味い」の方程式はしっかりインプットされています。古くは、何度もバリウムを飲まされるというドリフの鉄板ネタもあったくらい。

実際私も、初めてバリウム検査をするときは憂鬱で憂鬱でしかたありませんでしたw

今日は、バリウム検査について記事にします。

 

なぜバリウムを飲むか

 

そもそも、なぜバリウムを飲むのか。

 

これは、消化器や胃の検査のためです。

バリウムはX線が透けませんので、バリウムが体の中に入った状態でX線を当てると、バリウムだけが白く写ります。結果、バリウムが入っている消化管や胃の形などが認識できる、というわけです。

 

何歳からバリウムを飲むか

 

「30歳からバリウム検査でさー、俺もとうとうバリウムデビューだったよ」

「え? 俺そんな話聞いてないけど??」

 

って会話を、昔友人とした記憶があります。

 

バリウム検査は一般的に30代から始まるようですが、会社単位で健康診断を受ける場合、会社によって30歳からだったり35歳からだったりと差があるようです。

一律、何歳からバリウム検査をする、という基準はないようですね。

 

なので、正確なところが知りたい方は、会社や会社が加入している組合などに確認するのがいいでしょう。

 

バリウムの味

 

で、気になるバリウムの味について・・・

 

これについては、最近のバリウムは、味そのものは意外に普通、というのが私の感覚。

バナナ味、ココア味、イチゴ味、バニラ味など、飲みやすくする工夫がされているみたいですね。感覚としては、ちょっとぬるめのシェーキを飲んでいるような感じでした。

 

初めてバリウムを飲むという方は、味よりもむしろ、その凶暴なまでの重さに面食らうと思います。

紙コップを持った瞬間「ズシリ」ときます。

こんな量で、こんな重さの液体、私はバリウム以外に知りません・・・。少なくとも実物を持ったことはありません。

 

また、味に関しては上記の通りなんですが、バリウムはなんというか、粉っぽいです。ドロッとした濃度と合わさり、飲み残しが口の横にこびり付き、決して気持ちいいもんではありません。

 

なので、美味いか不味いかと言われれば、美味くはない

飲まずに済むものなら飲みたくない、というのが私の感覚ですし、たぶん世間のバリウム検査のベテランたちもそう思っているハズです。

 

バリウムの飲み方のコツは?

 

バリウムの飲み方は、検査員さんから指示があるはずです。

最後まで、コップ全部飲まなければなりませんが、特に早飲みなどする必要はありません。自分のペースで大丈夫なはずです。

 

ただ、コツがあるとすれば、あまり呼吸をせずに、できる限り早く飲んでしまった方がいいです。

 

これは、バリウム検査では直前に炭酸粉末も飲むんですが、バリウムを大きく呼吸して飲んだりすると、げっぷが出てしまうためです。

また、あまりゆっくり飲みすぎると、これまた胃が炭酸の膨張に耐えられなくなってげっぷが出てしまいます。げっぷが出ると、バリウム検査は失敗、やり直しです。

 

バリウムは静かに、息をあまりせず、なるべく手早く飲む

 

これが、バリウム検査での飲み方のコツです。

 

バリウムは、何度も飲み直さなきゃいけないの?

 

昔あったドリフのコント、

 

患者がバリウムを無理やり飲み、検査に臨む、

でも医師はオトボケでなかなか検査を始めない、

やがて患者はげっぷをしてしまい、検査はやり直し、バリウムを飲み直し、

医師は悪ふざけして患者を笑わせまたげっぷ、

以下エンドレス・・・

 

というものでした。

子供心に、「バリウム怖え・・・」と思ったもんです。

 

しかし、これはぶっちゃけフィクションです。

バリウム検査、げっぷをしてはいけないのは確かなんですが、げっぷをしても飲み直すのは炭酸の粉末です。

あの白いバリウムをまた飲み直す、ということはありません。

 

あー、よかった??

 

ただ、炭酸が苦手って人の中には、バリウムを飲み直すより炭酸を飲み直すほうが苦痛、という方もいるみたいです。

 

 

不安いっぱいのバリウム検査、でも、これも体のためです。

ちょっと苦しいかもしれませんが、頑張って乗り切りましょう!

 

【関連記事】バリウムが出ないと、腹痛になるの?

スポンサードリンク

コメントを残す