梅雨時の畳やお部屋のカビ 予防方法は? 生えてしまった後の対策は?

P7260004

梅雨になるとお部屋がなんとなくじめっとした感じになることはありませんか。

そんな時はカビがちょっと不安になりますよね。

 

カビは湿度が70%を超え、気温が20度から25度くらいを好みます。また、風が流れない締め切りの部屋が好きです。

人に与える影響としてはアレルギーの原因にもなります。わずかな量でも注意が必要です。

 

特に寝室が和室の場合など、畳のカビに注意しなければなりません。

イグサの畳は空気中の水分を吸収したり、放出したりする性能があります。特に新しい畳ほどその効果は高いです。そのため、カビが生える可能性があります。

昼間に和室を締切にしておいたり、一階で建物床下が湿気ていたり、部屋が風通し日当たりとも悪かったり、畳の上にカーペットなど敷いていたり、忙しくて布団を敷きっぱなしにしたりすると、梅雨の時期に畳にカビが生えてくるかもしれません。

 

他にも風呂場、そこに続く脱衣場所、窓ガラスのゴムパッキン、エアコンの内部、窓際の木部、押入れ内、家具の裏、絨毯やカーペットなどにもカビは生えやすいです。

 

梅雨時のカビ対策は?

 

カビを生やさないためには、風通しを良くし、水分を拭き取ることです。晴れたら窓を開け、換気をよくし、雨が降ったら窓は開けず、エアコンや、除湿機で除湿をします。

年に2回は大掃除をして、畳だけでなく、押入れやタンスの裏面のちりやほこりを取り去りましょう。

 

エアコンの吹き出し口のフィルターもまめに掃除をしましょう。また、エアコンの内部もカビが生えやすいので、梅雨が始まり使いだす前に専用の洗剤でクリーニングをするか、業者さんに掃除の依頼をしましょう。

 

1階の場合は建物の床下からの湿気が多いので、畳の下に防湿シートを挟むと良いでしょう。

 

浴室は最後に入る人が出るときに、まず温水のシャワーを、次に冷水のシャワーを壁面も含めてかけ、ゴムスクイジーで水分を除去して、こぶし一つ分くらいのドアを開けて朝まで換気扇を回すと良いです。

 

また、布団の下にすのこを敷いたり、除湿シートを敷くのも良いです。絨毯やカーペットにはしっかりと掃除機をかけて粘着ローラーで掃除をしましょう。

 

それでもカビが生えてしまったら・・・

 

運悪くカビが生えてしまったら、畳の場合は中性洗剤でカビを拭き取り、薄めた漂白剤でカビの色素を除き、消毒用アルコールで拭き、最後に乾拭きをします。

できることなら外に出して陰干しをするか畳表を裏にして日光にほしましょう。

 

浴室のタイルの目地などであれば、カビキラーをスプレーして、ブラシで擦ればかなり綺麗になります。ここにも仕上げに消毒用のアルコールをかけておくと良いでしょう。

 

他の場所でも基本は同じです。まず、中性洗剤でカビを取り除き、消毒用のアルコールで拭き、仕上げにから拭きをします。寝室でなければ防カビ剤もあります。

 

カビは、対策もそうですが、予防が何より大切です。

しっかり除湿して、カビとはさよならしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す