出産祝いの相場はいくら? 友人、親族、ビジネス、それぞれの場合

img223_akachan

img223_akachan

親しい人に赤ちゃんが生まれるのは嬉しいものです。

 

特にその方にとって初めの赤ちゃんの場合にはことさらです。お祝いを贈ってみようかなという気持ちにもなります。

 

出産祝いの金額は、多すぎても相手に気を使わせるし、少なすぎても相手にこればかりと思われても残念です。いくらくらいお祝いを差し上げたら良いのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

 

親族の場合の出産祝いの相場

 

両親でしたら、20000円以上が6割を超えるそうです。親戚なら10000円程度が半数です。

 

友人の場合の出産祝いの相場

 

親しい友人なら5000円以上。友人がお金を出し合ってという場合は1人3000円くらいで、トータルで10000円とか切の良い金額が望ましいです。

 

ママ友なら先方も高額だと気を使わせるので1000円くらいの実用品が良いでしょう。多くても3000円程度にとどめましょう。

 

ビジネス関係の出産祝いの相場

 

会社関係ではどうでしょうか。

同僚の場合は3000円程度、皆でまとめる場合は1人1000円くらいからが多いそうです。

部下の場合は5000円程度。上司の場合は3000円くらいで、こちらも皆でまとめる場合は1人1000円くらいからが相場だそうです。

 

出産祝い、どんなものが喜ばれる?

 

さて、貰う側からすれば、もらって一番嬉しいものは現金だそうです。とはいえ、現金だと金額も判ってしまうし、記念になる品物を贈りたいといのも人情です。

 

では、どんな品物を贈ったら先方に喜ばれるのでしょうか。

 

品物で一番嬉しいという多くのアンケートの回答は洋服だそうです。

50センチの新生児用はすでに用意してあるので、70か80センチのお出かけにも使える素材の良いものが有り難いそうです。

ただ、趣味が合わないとお相手は喜べないでしょうから、シンプルな感じで他の服と合わせ易いものが良いでしょう。

 

紙おむつのような消耗品も喜ばれるようです。ママ友などで懇意な方には良いかもしれません。

 

さらに、嬉しいプレゼントにはおもちゃもランクインしています。

新生児から使える音の鳴るおもちゃ、握力のない赤ちゃんでも握れるタオル生地の人形など、赤ちゃんを喜ばせるディズニーの音楽のCDなども良いかもしれません。

 

赤ちゃん用品ではありませんが、質の良いバスタオルも貰って嬉しいものの上位にあります。

身体を拭くのは勿論、おくるみにしたり、夏など寝ている時に掛けてあげたり、活用範囲が広いようです。

 

逆に貰ってがっかりするものは、趣味の合わないもの、すでに持っているもの、実用的でない物、安っぽいものなどのようです。

 

贈り物は、親しい方なら、何が希望か尋ねてみるのが一番でしょう。それが難しいなら、ギフト券やカタログギフトを選択するのも良いかもしれません。

 

贈り物を通して益々親密な関係が作りあげられると良いですね。

スポンサードリンク

コメントを残す