お中元のお礼状、返信は必要、それとも不要?

imgres-2

お中元を贈って、お礼状が来たらやっぱりきちん届いたのだなと安心しますよね。

お礼状は嬉しいものです。それとも恐れ多いものでしょうか。

 

そもそもお中元ってどういうもの?

 

ところで、お中元とはどのようなものでしょうか。

お中元は日頃お世話になっている方に感謝の気持ちを伝える贈り物のことです。季節は7月初旬から中旬までにお届けします。贈る相手は離れて住んでいる両親や親せき、仲人さん、会社の上司や取引先、恩師などです。

お中元は毎年続けている場合が多いです。

 

お中元にお礼状が来た! さあどうする?

 

さて、お中元を贈ったら、お礼状がきました。どうしたら良いでしょうか。速やかに返信をするべきでしょうか。それともお中元受け取りの合図と捉えてそのままにしておいたら良いのでしょうか。

お中元のお礼として連絡がくるのにまたお礼や返事を書いたらエンドレスにはなりませんか。気が引けるからとまた返信をしたらお相手も困ってしますのではないでしょうか。お礼状には返信の必要はありません。受け取った報告と考えましょう。

 

こういった悩みを避けるためには、お中元を贈る時に一言ご挨拶を書いたお手紙を添えると良いかもしれません。

デパートなどで送る場合は、お手紙なども預かってお中元に同封してくれます。

または、先方にハガキやメールで、「別便でお中元を送りますのでご笑納ください」とお知らせすればよいと思います。

 

もっと丁寧なら、送るのではなく、先方にお中元を持って、お届けにあがれば良いと思います。そうすれば先方もお礼状を書く手間が省けます。

 

けれども返信がどうしても送りたいとなれば、ハガキで暑中見舞いや残暑見舞いを書く折りに「先日はお礼状をありがとうございました」と添えればよいのではないでしょうか。

勿論、親しい方でメールをよく使われる方ならメールでも良いでしょう。けれどもハガキの方が丁寧ですし、奥ゆかしいと思います。

 

ビジネスの場合ならなおさらのこと返信は必要ないでしょう。会った折りに感謝の言葉を述べるのが最適だと思われます。

 

お中元のお礼状には「今後は、お中元はご遠慮ください」と書いてあるかもしれませんが、これは社交辞令の場合が多いです。贈る気持ちがあれば次回も贈りましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す