残暑見舞いには返信したほうがいい? その場合の書き方は?

sp-sun8

暑い季節になれば、友人や親族あるいはビジネスのお相手から、暑中見舞いや残暑見舞いが届くこともあると思います。

特に思いもかけない方からのお見舞いは随分と嬉しいものです。頂いたら日にちを置かず、是非お手紙で返信をしましょう。お手紙は受け取ってから3日以内に返信するのが礼儀だそうです。

 

暑中見舞いと残暑見舞いの違いは?

 

ところで、暑中見舞いと残暑見舞いはどういう違いがあるのでしょうか。

どちらも暑い季節のお見舞いの手紙というところは一緒です。暑中見舞いは梅雨明けから、立秋(8月8日)の前日まで残暑見舞いは立秋から処暑(8月23日から9月7日)の間とされています。

暑中の終わりの頃にお手紙を頂いたら、立秋に間に合いそうなら、暑中お見舞で、間に合うかどうか微妙なら、残暑お見舞いで出した方が良いでしょう。日本の郵便は優秀ですから3日もあれば先方に届くでしょう。

 

暑中見舞いや残暑見舞いの書き方は?

 

さて、暑中見舞いや残暑見舞いにはどんなことを書けば良いのでしょうか。

文面は堅苦しく考えることはありません。必ず必要なのは、書き出しに「暑中見舞い申し上げます」あるいは「残暑見舞い申し上げます」が慣例です。

親しい友人ならもっとくだけて「暑い日がつづきますが、元気にしていますか」などと書き出しても良いかもしれません。大切なのは相手を思いやる気持ちが伝わるかどうかです。

 

返信の書き方は?

 

もし、お手紙が返信なら、お手紙を頂いたお礼も必ず書き添えましょう。たとえば、「先日は丁寧に暑中見舞いをいただきありがとうございました」とか、ビジネスなら「残暑見舞いを頂きまして暑く御礼申し上げます」などです。

また、相手を気遣う言葉も添えましょう。「暑くて夜はよく眠れていますか」とか「お食事はしっかり食べられていますか」とかその方を思いながら真心をとどけましょう。

 

さらに自分の近況もなにかしら書くようにして、相手との距離感を詰めましょう。こちらの事を知れば、相手もお手紙を書いた甲斐があるというものです。また、こちらからの発信としても先方はさらも親近感を持てるでしょう。
暑中見舞いや残暑見舞いの最後には日付を入れるのが慣例です。ただ、拝啓や敬具のような頭語や結語はいりません。
暑中お見舞いも残暑見舞いも相手にこちらの真心を伝えるためのものです。電話やメールという手段もありますが、電話では相手が忙しい時にかけてしまうこともありますし、メールでは軽くあしらわれたような気分になるかもしれません。

 

暑中見舞いも残暑見舞いも、お手紙に心を添えて相手をいたわる美しい伝統だと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す