冬物コートの保管方法 長持ちさせるための3つの注意 

3月、4月になると気温もあがり、そろそろ冬服を着る機会も減ってくる頃。

このくらいの時期は気温の変化が激しく、急に寒くなったりするのでまだまだコートはキープしておきたいけれど、そろそろ冬物コートの保管を考えなければいけない時期です。

 

コートは結構値段が張るもの。冬物コートを長持ちさせるためには、しっかりとした方法で保管することが必要です。保管方法を間違ったことで、「お気に入りのコートがもう着られない」ということにならないように、気をつけましょう。

 

シーズンが終わったら、必ずクリーニングを!

まずは、クリーニング。

 

コートは、シーズンが終わったら必ずクリーニングに出しましょう。たとえ、1回、2回しか着ていなくても、です!

冬のセールで買ったコートとか、着る回数が少なくついついクリーニングを渋ったりするケースが多いんですが、必ず出しましょう。

 

1回でもコートを着れば、そこには人の皮脂がつきます。ついた皮脂をそのままにして保管してしまうと、その部分から虫に食われるリスクが高くなってしまうのです。

 

クリーニングが終わったら、ビニールを外して

クリーニング後、(大抵は)ビニールに包まれて戻ってくるコート。ビニールそのままのほうが汚れなそうに思えるんですが、このビニールは必ず取って保管してください

 

ウールやカシミヤ、アンゴラなどの自然素材は、呼吸をしています。呼吸により温度や湿度を調整してくれるのが自然素材の魅力の一つ。

しかし、ビニールをかぶせたままだと素材が呼吸できなくなり、却って傷んでしまうんです。

 

面倒臭がらずに、ビニールは必ず取りましょう!

 

ただし、ポリエステルなど人工素材のコートであれば、ビニールをかけたままでも大丈夫です。

 

ハンガーはよいものを使いましょう!

クリーニングをして、ビニールを外したら次にすべきこと。それは、ハンガーを変えること

クリーニング屋でもらえる針金やプラスチックのハンガーにかけたままでは、コートが型崩れしてしまう可能性が高いです。特に、値段が高めの上質なコートほど美しい型・シルエットで作られています。

 

ハンガーは、肩の部分に厚みのあるものを選びましょう。

 

できれば、プラスチックではなく木製のもののほうがベターです。というのも、大抵の木製のハンガーは香りがあり虫を寄せづらい木で作られているので、より安心してコートを保管することができるんです。

ちなみに私のお勧めは、無印良品の「レッドシダー材」のハンガーです。

 

 

コートの保管には、クリーニング代、ハンガー代など費用もかかりますが、それでも高額のコートが台無しになってしまうことに比べれば大したことはないはず。

コートはモノにもよりますが、ウールやカシミヤ、アンゴラなどの天然素材の上質なものであれば、10年以上使えるものも珍しくありません。来年また、お気に入りのコートを最高の状態で着るためにも、しっかりと正しい方法で保管するようにしたいですね。