冷蔵庫の買い替え 1年で一番安く買える時期は? アウトレットってどう?

引っ越し、結婚、出産、

壊れてしまった、新機種が欲しい、などなど。

 

今日は、冷蔵庫の買い替えに関する記事です。最近、自分も冷蔵庫を買い替えたもので。

 

 

いやあ、冷蔵庫ってすごいですね。3万円くらいの140Lの冷蔵庫ずっと使っていたもんで、最初家電店で500Lクラスの冷蔵庫見たとき、その機能に充実ぶりにぶったまげましたよ。

 

勝手に氷を作ってくれるってのは昔からあるんで知ってはいましたが、

お肉やお魚を長持ちさせてくれるチルド室!

野菜をシャキシャキのまま保存してくれる野菜室!

熱々のごはんを急速冷凍してくれる冷凍庫!

タッチで自動で開くドア!

ドアに設置されたタッチパネル!

 

思わず「すごい!」「やばい!」を連呼してしまいました。店員さんも、なんて売りやすそうな客だ、と思ったでしょう(笑)。

 

ただ、そのぶんお値段も高いです。10万円くらいで買えるかなー、なんて思っていたらとんでもなかった。。

結局、数店回って吟味に吟味を重ねて買うことになりました。ごめんね店員さん。

 

冷蔵庫を、お得に買える時期

 

家電には、お得に買える時期があります。冷蔵庫も、例外ではありません。

では、冷蔵庫をお得に買える時期はいつなのか、

 

それは、毎年7月〜8月です。

 

冷蔵庫は、毎年秋に新商品がでます。なので、7月〜8月は、家電店が新モデルの発売前に、現行モデルを一斉にさばく時期なので、安く買えるのです。

 

20万越えが当たり前な500Lクラスの冷蔵庫も、この時期であれば15万程度、メーカーによっては12万程度まで価格が落ちます。入れ替え直後の新商品は30万程度してしまうので、この差はとんでもなく大きいです。

 

 

どれくらい値段が落ちるかは、メーカーによって差があります。

とにかく価格を重視したいなら、シャープ製が最も安く買えると思います。続いて、日立や東芝あたりのメーカーの冷蔵庫もこの時期は安くなりますね。これらのメーカーであれば、15万を下回る価格で買うことも可能です。

逆に、三菱電気やパナソニック製は、上記のメーカーと比べると価格が落ちづらい印象です。

 

注意が必要な点は、メーカーが旧機種の製造を止める時期が、年によってマチマチということ。私は2015年に買い換えたんですが、この年は製造を止める時期が早かったらしく、7月末時点ですでに売り切れになっている機種が出ていました。

狙っている機種がある場合は、7月に入ったあたりからこまめに家電店に足を運び、売り切れないかチェックしましょう。店員さんに顔を覚えられても、気にせずにw

 

アウトレットってどうなの?

 

冷蔵庫をアウトレットで買う、という選択肢もあります。毎年7月〜8月は、当然アウトレット品の冷蔵庫も最も価格が落ちる時期です。

冷蔵庫の場合、パソコンなどと違って売り場で電源を入れているわけではないので、展示品などでもそれほど展示に伴う劣化がないんですよね。サイズをミスって返品、というアウトレット品だと、展示品よりさらに質が良くほぼ新品同様だったりもします。

 

ただ、アウトレットで冷蔵庫を買う場合、本体価格以外の配送料等に注意してください。

 

新品で買うと配送料無料だけど、アウトレット品だと配送料がかかる、という例が結構あります。

 

私も、アウトレットでいい冷蔵庫を見つけ、価格だけであれば新品を買うよりちょっと安かったんですが、配送料が結構かかってしまい結局新品のほうが安かったです(もちろん、新品で購入しました。)

 

配送料の他にも、冷蔵庫リサイクル代や家電店のポイントなどの要素もあります。冷蔵庫を買う場合、それらの条件をすべて合算して考えましょう。