女性のクールビズ 服装やスタイルの注意点は? 失礼にならないラインは?

 

今年は、環境省から

「クールビスを5月1日から10月30日までにします」

と発表がありました。

 

去年までより、前後とも1か月長くなっています。

 

 

クールビスは、2005年に、地球温暖化対策の一環として始まりました。

また、大震災後には節電の対策として企業等実施率が高まり、一般に定着しました。

 

内容としては、

「冷房時の室温が28度でも快適に過ごせる服装を心がけよう」

という趣旨です。

 

女性のクールビズはどんな内容?

jyoseicoolbiz

環境省は、今年は女性向けクールビス対策の提案を始めました。

 

提案としては、

 

「まとめ髪」

「身体をしめつけず、空気が通るデザイン」

「首、手首、足首を出す」

 

などです。

 

cf549_359_78c5434256df00fcd7dfef6fa750aaef

例としては、こんな感じでしょうか。

自分の涼しさだけではなく、他者から見た時に涼しそうに見えること、という要素も入っています。

 

女性のクールビズの注意点

 

いかにクールビズとはいえ、やりすぎるとまわりに対して失礼にあたるのは、男性も女性も同じ。女性の場合の注意点は、どんなものがあるでしょう?

 

トップスについて

 

女性であっても、お客様と会うときや会議ではジャケットが必要かもしれません。

 

この場合、7分袖のジャケットでも失礼はないでしょう。

麻のテーラードジャケットなど一枚会社に置いておくと便利かもしれません。

 

ジャケットの中に着るシャツはどうでしょうか?

 

クールビスですから、勿論半そでのシャツで良いでしょう。

シンプルすぎるシャツは寂しいと思われる方は、リボンやフリルが付いたものも、華美でなければ素敵だと思います。

カットソーでもきちんと感があるものなら問題はないでしょう。

 

気をつけなければいけないのは、クールビズはあくまで「ビズ」であること

遊びに行くのではないので、キャミソール一枚などは控えたほうが無難です。

 

また、タンクトップもしっかりとした素材できちんとした印象の物以外はやめましょう。

透ける素材は涼しげではありますが、アンダーウエアをしっかり着ないとマナー違反です。

 

ボトムスについて

 

・ スカートの場合

スカートは風が通り涼しいのでお薦めですが、あまり丈の短いものは失礼に当たります。

素材は、綿は避けて、ポリエステルやレーヨン、麻、サマーウールなどが良いでしょう。

 

・ パンツの場合

パンツ類は丈の短めなクロップドパンツやサブリナパンツも涼しくて良いと思います。

ただ、企業の多くは、パンツであっても下にパンティーストッキングを望むかもしれません。

 

パンツにはセンターラインが入ってたり、素材はスカートと同様にポリエステル、サマーウールなどでカジュアルになりすぎないものが良いでしょう。色は紺、黒、茶などシックな色がお薦めです。

 

いずれにしろ、クールビスは企業によっても基準が違い、ある企業ではセーフでも、別の企業では白い眼で見られることもあります。

 

服を購入する前には、上司や先輩に一言声をかけ、確認した方が良いかもしれません。

梅雨に革靴は大丈夫? 雨に強い靴やケアの方法は?

働く男性のとって、これ以上うっとうしいものはないであろう季節、梅雨。

 

不快指数が高く、湿気と汗でスーツはベタベタ、ビショビショ。考えるだけで嫌になってきますね。

 

スーツもそうですが、キツイのは靴。この時期のビジネスシューズは、本当に悩ましいものです。

梅雨どきに革靴を履いても、大丈夫なものなんでしょうか?

 

革靴は、基本的に雨に弱い

 

自然素材の革は、基本的には雨や水に弱いです。革は、水を吸うとどうしても痛みが早くなってしまいます。

 

なので、梅雨どきにはいい革の靴ではなく、合皮や人工革の靴を履いたほうが本来は望ましいものです。

 

とはいえ、合皮の靴が嫌だっていうオシャレさんもいることでしょうし、雨でも足元をしっかり固めないといけない、という方もいるでしょう。

そういう場合は、せめて、雨の日は皮底の靴は避け、ゴム底の靴を履きましょう。

 

靴の上部分は、防水スプレーをかけることで多少は雨に強くもなりますが、底の部分だけはどうしようもなく、水を吸って早く傷んでしまいます。

基本的に、皮底の靴はゴム底の靴よりも高価である場合がほとんど。修理や張り替えの場合でも、ゴム底よりも高価になってしまいます。

 

せっかくの上等な靴を、早くダメにしたくはないですよね。

 

最近の革靴は、ゴム底でも一見すると皮底に見えるようなスタイリッシュなものが多くなっています。

逆に言うと、買うときにぱっと見ではゴム底か皮底かわかりづらかったりもしますので、この辺はショップの店員さんに聞いてみることをお勧めします。

 

通気性の良い革靴も

 

また、靴の中に湿気がこもると水虫の原因になります。

雨の多い日本ならではの悩みですが、日本の靴メーカーは、こぞって通気性に優れた革靴を作ってくれています。

こういう靴も、梅雨どきにはよいでしょうね。

ただし、中には底の部分にメッシュが貼ってあったりする靴もあります。このタイプの靴は、水が靴の中に入りやすく、雨の日には向きませんので、注意が必要です。

 

それでも、濡れてしまった場合は・・・

 

とはいえ、急な雨や夕立ち、雷雨というのも夏にはつきもの。

もし、天然革(特に、革底)の靴が濡れてしまった場合、しっかりケアすることで痛みを軽減することができます。

 

そこで、百貨店の靴屋さんにケアの方法を聞いてみました。

 

革靴のケアと聞いて、まず思い浮かぶのはシュークリームを塗ることだと思います。

 

でも、大切なのは、まず乾かすこと

特に革底の靴の場合、普通に置くのではなく、底が見えるように横にして置いて乾かすのが良いそうです。

 

しっかり乾いたら、そこではじめてクリームを塗って革に栄養を与えるのが良いそうです。

 

クリームにもいろいろな種類がありますが、革底専用のクリームもあるそう。

 

通常のクリームとの違いは、艶出しの成分が入っていないこと。

艶出し成分入りの通常のクリームで革底のお手入れをすることももちろん可能なんですが、艶出し成分がはいっているためか、靴が滑りやすくなるので、できれば革底は革底専用のクリームを使うのがベターなんだそうです。

 

クリームを塗った後はシューキーパーを入れて保管。シューキーパーは、プラスチックのものではなく、木のもののほうが靴の湿気を程よく吸ってくれるため、望ましいようですね。

 

梅雨をうまく乗り切り、大切な靴は長く使いたいものです。

男性の浴衣 年代別のおすすめの柄 20代、30代、40代は

夏のイベントに浴衣とは女性だけのものとは思っていませんか!?

 

ところが最近は、浴衣男子という名前がつくられるほど、男性の浴衣に注目が集まっています。一緒のグループの人が自分以外浴衣ではなんだか寂しいです。自分も一緒に浴衣で盛り上がりましょう。

 

男性の浴衣の柄には、どんなものがある?

 

さて、男性の浴衣の柄にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

伝統的なものでは刺子縞、縞、かすれ十字、かすれ縞、亀甲、格子柄、虎や龍の柄、笹柄、矢柄、市松柄などがあります。

近年の流行は、伝統柄はもちろん定番で出ているのですが、レトロモダンという昔からある柄を現代風にアレンジしたものも人気があるようです。

 

年代別、男性のおすすめ浴衣の柄

 

20代

 

スクリーンショット 2015-05-05 21.09.28

若い20代の方のためにはファッションブランドから浴衣も出されていて、青雲や雷雲の柄、ペイズリーやカモフラージュの柄のものもあるようです。

伝統柄なら青の縦縞や紺地に餅模様などもオシャレで良いでしょう。

 

30代

 

30代になってくると伝統柄が望ましいと思います。

—ˆß’Ê”Ì —ˆßŒ‹iyukatamusubij

色も落ち着いた黒系が大人の余裕を感じさせてくれると思います。濃紺の市松模様や黒地の縦縞、生成りに矢絣なども素敵でしょう。

若い方に綿の浴衣が着心地も良くてお薦めですが、30代以降で浴衣を新調なさるなら綿麻がお薦めです。綿と麻の良いところを取れるからです。

綿は柔らかく着心地が良く、お手入れがしやすいです。麻は生地が強く、放熱性が高く、放湿性が高く涼しいですし、汗も乾き易いです。

 

40代

 

s-yktset719g-2

40代の方なら千鳥柄や格子柄などはいかがでしょうか。細かいドットも一見無地に見えて近づくと点になっているのが判り面白いです。

また、白地のしじら風や浜松織も素敵です。手絞りも粋ではないでしょうか。

 

男性が浴衣を購入する際の注意点

 

初めて浴衣を購入する方は年代を問わず、黒や紺の地味な色にした方が無難です。

2枚目の人は是非、白や生成りを試してみてください。オシャレ度がぐんとアップすると思います。
浴衣をすっきりと着たいなら、角帯は同色系にまとめ、刺し色にしたいなら反対色かインパクトのある色にしたら良いと思います。

また、履物は右近下駄か雪駄がお薦めです。どちらも地面との接地面積が大きいので楽です。

 

男性の浴衣の場合は、レンタルする場合も購入する場合も、必ず試着してみてください。女性と違いおはしょりがないので、浴衣そのままの長さが着丈となります。試着してみて、丈がくるぶしの少し上くらいが一番素敵にみえる長さです。
浴衣は素敵だけと花火や祭りくらいしか着られないのでは思われる方も多いと思いますが、ジーンズやスニーカーで出かけるようなところでしたらマナーにも合っています。

今年はハンチング帽やパナマ帽と合わせて、スポーツ観戦や遊園地などにも出かけられたらいかがしょうか。

女性の浴衣 年代別のおすすめの柄 20代、30代、40代は?

夏が近づいてくるとお祭りや花火大会が思い起こされます。

今年はどこに誰と行こうかななどと考えると楽しさが沸き上がります。そんな楽しさを盛り上げるアイテムが浴衣ではないでしょうか。

 

女性の浴衣の柄には、どんなものがあるの?

 

さて、浴衣の柄はどんなものがあるのでしょうか。

 

多くは花柄になります。

牡丹、芍薬のような大輪の花、撫子、菖蒲、桜、椿、水仙、藤、しだれ藤、梅、朝顔、バラなどがおもなところです。

花以外は身近な生き物で蝶、トンボ、燕などです。

 

これらの柄には意味が込められているそうです。例えば桜は五穀豊穣や豊かさ、蝶は不老不死や長寿です。

 

昔の浴衣といえば、藍染が定番でしたが、近年は色々な色、色々な柄、色々な形があります。色は淡い薄色、中間色、原色とバラエティーに富んでいます。

素材も昔は木綿のみでしたが、麻を混ぜたものやポリエステル素材のものも出てきています。

 

昔は、浴衣は反物から手縫いが基本でしたが、今では大方、ミシン縫いになっています。形もセパレートタイプや膝丈のスカート風の物甚平タイプもあります。

ただ大人の女性は伝統的な形の着物を着こなすのが美しいと思います。

 

年代別の、浴衣のおすすめの柄

 

20代

20代の女性にはどのような浴衣が良いのでしょうか。

スクリーンショット 2015-05-05 21.01.57

色は原色や黒でも十分に着こなせると思います。ただ、浴衣の男性とデートなどが目的であれば、男性は黒、紺、グレーなどの色になると思うので、隣の女性は華やかな感じだとバランスが取れると思います。

例えば柔らかなピンクなども素敵ではないでしょうか。小物にコサージュなどを添えても魅力的でしょう。

 

30代

30代ともなれば、粋な感じの着物も素敵でしょう。ベースはシックな色にして、帯などで色を添えても良いでしょう。

03_rect450_600

淡い色、中間色くらいが涼しげで上品です。柄も花や蝶など古典的なものが良いと思います。

人と差をつけるためには下駄を草履タイプのものに替えたり、帯どめや飾り紐を足したりしたら素敵だと思います。

 

40代

40代であれば布地にもこだわり、質の高い目に優しい色合いの着物がお薦めです。

気を付けなければいけないのはモード浴衣で地味なものがありますが、こちらは若い人用に考えられている商品なので、ただ歳をとって見られる可能性があります。

51Zzgw46UZL._SX342_

例えば阿波しじらや手絞りはいかがでしょうか。お値段は張りますが、気分で帯を替えて末永く愛用できると思います。

 

 

 

浴衣は洋服と同様に体型によっても似合うものが違います。背の低い人は小柄を、背の高い人は大柄、痩せている人は淡い色、ふくよかな人は縦縞を選ぶと良いでしょう。

 

とはいえ一番大切なのは自分が好きな気に入ったものを選ぶことです。

浴衣を毎年買い替える人も珍しいでしょうから、人の意見も聞いて慎重に選びましょう。

冬物コートの保管方法 長持ちさせるための3つの注意 

3月、4月になると気温もあがり、そろそろ冬服を着る機会も減ってくる頃。

このくらいの時期は気温の変化が激しく、急に寒くなったりするのでまだまだコートはキープしておきたいけれど、そろそろ冬物コートの保管を考えなければいけない時期です。

 

コートは結構値段が張るもの。冬物コートを長持ちさせるためには、しっかりとした方法で保管することが必要です。保管方法を間違ったことで、「お気に入りのコートがもう着られない」ということにならないように、気をつけましょう。

 

シーズンが終わったら、必ずクリーニングを!

まずは、クリーニング。

 

コートは、シーズンが終わったら必ずクリーニングに出しましょう。たとえ、1回、2回しか着ていなくても、です!

冬のセールで買ったコートとか、着る回数が少なくついついクリーニングを渋ったりするケースが多いんですが、必ず出しましょう。

 

1回でもコートを着れば、そこには人の皮脂がつきます。ついた皮脂をそのままにして保管してしまうと、その部分から虫に食われるリスクが高くなってしまうのです。

 

クリーニングが終わったら、ビニールを外して

クリーニング後、(大抵は)ビニールに包まれて戻ってくるコート。ビニールそのままのほうが汚れなそうに思えるんですが、このビニールは必ず取って保管してください

 

ウールやカシミヤ、アンゴラなどの自然素材は、呼吸をしています。呼吸により温度や湿度を調整してくれるのが自然素材の魅力の一つ。

しかし、ビニールをかぶせたままだと素材が呼吸できなくなり、却って傷んでしまうんです。

 

面倒臭がらずに、ビニールは必ず取りましょう!

 

ただし、ポリエステルなど人工素材のコートであれば、ビニールをかけたままでも大丈夫です。

 

ハンガーはよいものを使いましょう!

クリーニングをして、ビニールを外したら次にすべきこと。それは、ハンガーを変えること

クリーニング屋でもらえる針金やプラスチックのハンガーにかけたままでは、コートが型崩れしてしまう可能性が高いです。特に、値段が高めの上質なコートほど美しい型・シルエットで作られています。

 

ハンガーは、肩の部分に厚みのあるものを選びましょう。

 

できれば、プラスチックではなく木製のもののほうがベターです。というのも、大抵の木製のハンガーは香りがあり虫を寄せづらい木で作られているので、より安心してコートを保管することができるんです。

ちなみに私のお勧めは、無印良品の「レッドシダー材」のハンガーです。

 

 

コートの保管には、クリーニング代、ハンガー代など費用もかかりますが、それでも高額のコートが台無しになってしまうことに比べれば大したことはないはず。

コートはモノにもよりますが、ウールやカシミヤ、アンゴラなどの天然素材の上質なものであれば、10年以上使えるものも珍しくありません。来年また、お気に入りのコートを最高の状態で着るためにも、しっかりと正しい方法で保管するようにしたいですね。