夏の麦茶に飽きたら… 定番の冷茶 アールグレイとルイボスティーはいかが?

夏といえば、定番の飲み物は麦茶。

 

カラカラに乾いた喉に、冷たい麦茶を流し込む・・・想像するだけで美味しそう。

麦茶は、子供や妊婦さんの体にも安心な飲み物です。

麦茶の栄養や効用について

 

でも、毎日同じ飲料を飲み続けるのも飽きてしまいますよね。

そこで、麦茶に飽きたら「アールグレイ」や「ルイボスティー」を飲用してみませんか?

 

アイスティーの定番、アールグレイ

 

アールグレイとは、紅茶の茶葉に柑橘系のベルガモットで香りを付けたフレーバーティーの1つです。19世紀のイギリス首相「グレイ伯爵」から命名されました。

アールグレイに使用される原料の茶葉は主にキーマン(またはキーモン)茶やセイロン茶が一般的ですが、稀にダージリンが使用されることもあります。

 

あまり知られていませんが、アールグレイにも優れた効果や効能があります。

 

アールグレイにはコレステロールを低下させ、心臓疾患に効果があることがイタリアのカラブリア大学から発表されました。

アールグレイのフレーバーとして用いられるベルガモットには「ヒドロキシメチルグルタリルフラバノン」という通称HMGFと言う酵素が含有されています。このHMGFを高コレステロール血症の治療薬であるスタチンと比較したところ、同様の効果を得ることが判明したのです。

 

元々ベルガモットには不安定な精神を安定させる作用があり、アロマテラピーなどではリラックス効果を与える精油として用いられています。他にも、喉の不快感を解消させる作用や、食道や胃腸などの消化器官の活動を補助する効果もあるため、胃腸の調子が優れない方やコレステロール値が高い方にはお勧めの飲料です。

 

アールグレイは熱を加えても、ふくよかな香りが損なわれないため、スイーツなどの材料として用いられることも少なくありません。また、アイスティーとして飲用する場合、紅茶のほとんどが香りを損なってしまうのですが、アールグレイは依然として豊かな香りが感じられるため、ホットとアイスの双方で召し上がれる珍しい紅茶の1つです。

 

紅茶の色彩は深いオレンジ色をしており、ベルガモットの持つ柑橘類の香りがふわっと薫る穏やかな香りのお茶です。

 

アフリカの神秘 ルイボスティー

 

ルイボスティーとは、近年じわじわと人気急上昇中のハーブティーの1つで、アフリカ大陸原産でセダルバーク山脈の一帯にのみ生息する植物を用いた飲料です。

現地では古来より「不老長寿のお茶」や「伝説の健康茶」として愛飲されています。

 

冷たく冷やして飲むことも可能ですので、多くの方々から愛飲されている飲料の1つです。ですが、ルイボスティーは独特の香りを放つ飲料ですので、苦手な方も少なくありません。風味は、やや甘めのスッキリとした味となっています。

ルイボスティーがここまで人気が出たのは、ルイボスの持つ豊富なミネラル類やビタミン類、それに強力な抗酸化作用です。

ルイボスティーには、体内で異常発生した活性酸素を取り除き、生活習慣病や老化の促進を抑え、不妊や冷え性、お通じの改善、アトピー性皮膚炎や花粉症・ハウスダストなどのアレルギー諸症状を改善させる効果があります。

また、ルイボスティーには一切カフェインが含まれておらず、年齢・性別問わず安心して飲用することが可能です。

 

アールグレイやルイボスティーを購入するのにお勧めのショップをご紹介

 

アールグレイもルイボスティーもそれぞれ専門の茶葉を取り扱っている信頼できるショップで購入することをオススメします。アールグレイならば、ちょっと高級ではありますが、イギリスの老舗メーカーであるトワイニング社ジャクソン社フォートナム・メイソン社の茶葉がお勧めです。

 

「LOHACO」というアスクル株式会社とYAHOO株式会社の協力によって運営されている通信販売サイトでは、トワイニング社製の茶葉や紅茶専門店のルピシアの茶葉などが豊富に取り扱われています。

また、無印良品で大勢の方から高い支持を得ている「フェアトレード紅茶テーバッグ アールグレイ」は公式通販サイトでは品切れ状態ですが、LOHACOでならば購入することが可能です。

 

ルイボスティーを安心かつ安全に購入したい場合、ルピシアやティーライフなどが利用者も多く、価格もお手頃なためたいへんお勧めです。

 

 

 

暑い夏に必須の冷たいお茶。ついついたくさん飲んでしまうものですが、あまりに飲み過ぎるとお腹が下ってしまうので、飲み過ぎには注意しましょうね。

「スーパーフルーツトマト」 普通のトマトとの違いとオススメの食べ方

20120518_1058546

昔のトマトは酸っぱくて青臭いものでしたが、最近は甘くておいしいトマトがたくさん出回るようになりました。

 

20120518_1058546

甘くておいしいトマトの代表といえばフルーツトマトですが、今回はフルーツトマトを超えた「スーパー」フルーツトマトをご紹介します。「トマトは苦手でトマトソースやケチャップにしないと食べられない」という方も多いかと思いますが、そんな方でも生で食べられる、むしろ生でこそおいしいトマトです。

 

そもそも、「フルーツトマト」とは

 

甘く、見た目も小ぶりなため普通のトマトとは違う品種だと思われがちのフルーツトマトですが、普通のトマトと違うのは品種ではなく栽培方法です。水を極限まで控えることで、トマト本来の甘味や風味が引き出されます。

トマトの味が濃縮されるように見た目も小ぶりになります。

 

「スーパー」フルーツトマトはここが違う

 

一方、スーパーフルーツトマトは、茨城県の協和施設園芸協同組合が独自の製法で栽培しているフルーツトマトです。

 

その特徴ははまず大きさです。

 

通常のフルーツトマトの場合水分を控えて味が濃縮している分、形が小ぶりになるのですが、スーパーフルーツトマトは大玉で普通のトマトと同じ大きさです。

サイズが大きいためパッと見は普通のトマトですが、その糖度は9~12度。通常のフルーツトマトよりやや高い数値です。

糖度12となるといちごやオレンジと同程度の糖度になります。そのままデザートにできそうなくらいの甘さです。また、ただ甘いだけでなくしっかりしたコクとシャキっとした食感も持ちあわせています。

 

スーパーフルーツトマトを味わうレシピ

 

そのものがとても甘くておいしいトマトですので、火を通すよりは生でシンプルに味わうのがおすすめです。

 

トマトサラダ

 

まずはシンプルにトマトだけのサラダで楽しみます。
ワインビネガーの酸味がトマトの甘さを引き立てます。

 

材料

・ スーパーフルーツトマト 1個
・ エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
・ 白ワインビネガー 大さじ1
・ 塩 小さじ1/2
・ 黒こしょう 少々
・ イタリアンパセリ 適宜

 

作り方

① トマトはヘタをくり抜いて湯剥きし、8等分にくし切りにします
② イタリアンパセリと玉ねぎをみじん切りにします
③ 白ワインビネガー、塩、こしょうを合わせ塩がとけるまで混ぜます
④ ③にオリーブオイルを入れ泡だて器でトロリとするまでよくかき混ぜます
⑤ ④に②をいれます
⑥ 皿にトマトを並べ、⑤のドレッシングをかけて完成です

 

ブルスケッタ

 

次に上のレシピを応用して軽い食事になる一品を紹介します。

 

材料

・ スーパーフルーツトマト 1個
・ 玉ねぎ(みじん切り) 大さじ2
・ ベーコン 10g
・ 枝豆 20g(さやから出した重さ)
・ エクストラバージンオリーブオイル 大さじ2
・ 白ワインビネガー 大さじ1
・ 塩 小さじ1/2
・ 黒こしょう 少々
・ バゲット 適宜

 

作り方

① トマトは湯剥きして5mm程度の角切りにします
② 玉ねぎをみじん切りにします
③ ベーコンはフライパンで焦げ目がつくまで焼き、5mm程度の短冊に切ります。
④ 枝豆はさやから出し、できれば薄皮も剥きます
⑤ ドレッシングの作り方はトマトサラダと同様です
⑥ ①~⑤をすべて合わせ、薄めに切ったバゲットに乗せて食べます。

冬物コートの保管方法 長持ちさせるための3つの注意 

3月、4月になると気温もあがり、そろそろ冬服を着る機会も減ってくる頃。

このくらいの時期は気温の変化が激しく、急に寒くなったりするのでまだまだコートはキープしておきたいけれど、そろそろ冬物コートの保管を考えなければいけない時期です。

 

コートは結構値段が張るもの。冬物コートを長持ちさせるためには、しっかりとした方法で保管することが必要です。保管方法を間違ったことで、「お気に入りのコートがもう着られない」ということにならないように、気をつけましょう。

 

シーズンが終わったら、必ずクリーニングを!

まずは、クリーニング。

 

コートは、シーズンが終わったら必ずクリーニングに出しましょう。たとえ、1回、2回しか着ていなくても、です!

冬のセールで買ったコートとか、着る回数が少なくついついクリーニングを渋ったりするケースが多いんですが、必ず出しましょう。

 

1回でもコートを着れば、そこには人の皮脂がつきます。ついた皮脂をそのままにして保管してしまうと、その部分から虫に食われるリスクが高くなってしまうのです。

 

クリーニングが終わったら、ビニールを外して

クリーニング後、(大抵は)ビニールに包まれて戻ってくるコート。ビニールそのままのほうが汚れなそうに思えるんですが、このビニールは必ず取って保管してください

 

ウールやカシミヤ、アンゴラなどの自然素材は、呼吸をしています。呼吸により温度や湿度を調整してくれるのが自然素材の魅力の一つ。

しかし、ビニールをかぶせたままだと素材が呼吸できなくなり、却って傷んでしまうんです。

 

面倒臭がらずに、ビニールは必ず取りましょう!

 

ただし、ポリエステルなど人工素材のコートであれば、ビニールをかけたままでも大丈夫です。

 

ハンガーはよいものを使いましょう!

クリーニングをして、ビニールを外したら次にすべきこと。それは、ハンガーを変えること

クリーニング屋でもらえる針金やプラスチックのハンガーにかけたままでは、コートが型崩れしてしまう可能性が高いです。特に、値段が高めの上質なコートほど美しい型・シルエットで作られています。

 

ハンガーは、肩の部分に厚みのあるものを選びましょう。

 

できれば、プラスチックではなく木製のもののほうがベターです。というのも、大抵の木製のハンガーは香りがあり虫を寄せづらい木で作られているので、より安心してコートを保管することができるんです。

ちなみに私のお勧めは、無印良品の「レッドシダー材」のハンガーです。

 

 

コートの保管には、クリーニング代、ハンガー代など費用もかかりますが、それでも高額のコートが台無しになってしまうことに比べれば大したことはないはず。

コートはモノにもよりますが、ウールやカシミヤ、アンゴラなどの天然素材の上質なものであれば、10年以上使えるものも珍しくありません。来年また、お気に入りのコートを最高の状態で着るためにも、しっかりと正しい方法で保管するようにしたいですね。