胃カメラは痛くて苦しい 楽に終わらせるコツはある?

食堂や胃の検査に使われる胃カメラ。

img_naishikyou_photo01

バリウム検査では見つからないような微細な異変も見つけることができる、優れた検査です。体重が重すぎてバリウム検査ができない人でも、行うことができます。

※ バリウム検査は検査台に乗っかりぐるぐるぶん回されるので、体重が重すぎる人はできません。

 

しかし!

 

胃カメラのキツさ、しんどさというのは、有名すぎるくらいに有名です。

 

人間の喉は「咽頭反射」という機能を持っており、異物が喉に入ろうとすると「オエっ」という感覚とともに喉の入り口が閉じてしまいます。その状態で胃カメラを押し込もうとするとすると、味わったことのないような苦痛を味わう羽目になります。

一度「異物」と認識してしまうと、検査中にその感覚を消すのは困難なもの。ましてや私たちは、事前の情報で「胃カメラきつい」というのを持ってしまっているので、余計に胃カメラを「異物」と認識しやすくなってしまいます。

 

まさに、負のスパイラル。

 

胃カメラ検査が上手い先生というのも中にはいるようですが、やっぱりできることなら苦痛は回避したいですよね。。

 

 

胃カメラ検査を楽に受けるコツ 勝負は予約時から始まっている!

 

では、胃カメラ件検査を少しでも楽に、苦しさを回避するためのコツは何かあるんでしょうか?

 

 

ええ、あります。

 

それは、

 

 

最初から苦しくない、鼻から入れるタイプの胃カメラ検査を選べばいいんです。

 

「コツ」と呼べるかどうかは微妙ですが、これが最も確実な方法であることは間違いありません。

 

そもそも、鼻から入れるタイプの胃カメラは、口から入れるタイプの胃カメラと比べ太さが違います。

カメラの入り口は鼻と口で異なりますが、行き着く先は同じ食道であり、そして胃。細いカメラを使うほうが痛くなく、苦痛が少ないのは容易に納得いただけるんじゃないかと思います。

 

さらに、鼻から胃カメラを入れることにより、「咽頭反射」の原因となる舌の奥のポイントを回避しながらカメラを入れることができるので、この点でも鼻からの胃カメラは通常の口からの胃カメラよりもずっと楽です。

 

鼻からの胃カメラを置いている病院は

 

病院によって、鼻からの胃カメラ検査をやっているところ、口からの胃カメラしかやってないところと様々です。大きい病院、綺麗な病院であれば鼻からの胃カメラがあるだろうと思いきや、決してそんなことはない模様。

日本を代表するような某商業ビルに入っている最新のクリニックでも、鼻からの胃カメラはやっていませんでした。かと思えば、結構古い町の病院には鼻からの胃カメラを置いていたりもします。

 

この辺は、検査の予約の際に問い合わせるのが一番確実ですね。医者の先生は胃カメラの辛さを十分わかっているでしょうから、問い合わせで恥ずかしがる必要はないと思います。

 

未来の検査 カメラ入りカプセル

 

ところで、現在胃カメラよりさらに苦痛の少ない「内視鏡カプセル」検査がすでに実用化されています。

220px-CapsuleEndoscope

このような内視鏡入りのカプセルを飲んで、カプセルから転送される画像を観察するというもの。

飲むときにちょっとした異物感はありそうですが(アメ玉を飲み込むようなもの?)これだと鼻からの胃カメラよりさらに苦痛は少なそうですね。医学の進歩ってすごい。

 

ただ、この検査方法の難点は、現時点では一定の場合を除き保険が適用されないということ。早く保険適用の範囲が広がってほしいものです。

 

そうすれば、バリウム検査も胃カメラ検査ももう不要に・・・、

 

いや、バリウム検査はなにやら官僚たちの利権の温床らしいから、もしかしたらそうもならないのかも(ボソっ)